定例ワークショップ「滑らかに起き上がる」

いかに楽に起き上がるか?シークエンスや重さの移動を感じます。自分でやってみて、努力している場所や滑らかじゃないところを感じます。休憩を入れて、脳に働きかけます。動きを探究しながら新しい動きを学びます。また、それぞれの人にタッチによるガイドで新しい動きを入力し、楽で心地よい動きを学びながら機能統合を図ります。ATMにて、さらに動きを探究し、徐々に滑らかで努力のない動きを身につけてゆきました。ビフォーアフターで動画撮影しながら皆で楽しくレッスンできましたね。次回は3月25日です。本日の基本の動きはこちら→