ふじたHOTセミナー&フェルデンクライスWSでした

腰部・骨盤からの介入アドバンスでは、筋膜リリースから筋エネルギーを使用した調整を学びました。テストによる鑑別でリーズニングをすすめていく考え方で戦略が立てやすくなりました。また、フェルデンクライスWSでは、捻じる動きを様々な肢位で行いながら、自身の傾向を知り、動きに参加していないところや持ち合わせていないアイデアを見つけて動きを洗練してゆきました。グループワークでは、様々なシェアやアイデアを共有しました。