屈筋と伸筋の整合性を図る@函館を開催しました!

本日は函館にてフェルデンクライス®学習会「屈筋と伸筋の整合性を図る」を開催いたしました。参加人数は少なかったのですが、その分濃密な内容でお届けできました。ATMの動きを一つずつ考えてゆきます。この動きの意図は?制約の目的は?動きに参加していないのは?不必要な緊張は?効率よく動くためには?といった具合に積み上げながら思考を整理し、単純な動きを通して、複雑な動きへとアイデアを広げることが出来たようです。実習では活発な意見交換も行われ、楽しい一日が過ごせました。参加者の皆様、お疲れ様でした!それぞれ活用してみてください。