KOJIMA GTM「歩行時における腰背部の安定化」

4月15日(日)児島GTM「歩行時における腰背部の安定化」を開催いたしました。静的な安定化から動的な安定化を学習しました。特に、股関節からの制御(PFC)を意識しながら、股関節屈筋-伸筋を使用して、腰背部はニュートラルを保つことを中心に歩行のコンテクストを身につけました。動き自体は同じでも、場が変わったことに混乱をきたし、制約が分からなくなってしまったようです。できるだけシンプルに考えて、空間における骨盤の状態を床反力を用いて調整してゆきます。Knee WalkingとSteppin' Outのレッスンは皆さん継続して探究してみてくださいね。次回は6月17日(日)に児島GTMを開催いたします。